EM1号
注文フォームに飛ぶ

30年産 化学肥料ゼロ、無農薬栽培のJAS有機栽培でのお米はEM菌を使用したEM農法で栽培しました。

無農薬よりすごいJAS有機栽培について

有機栽培を始めて23年間のほんだ農場の場長が説明します。EM農法とJAS有機栽培

有機栽培のお米を食べて元気で長生きしましょう。

長期間EM菌で土壌改良すると無農薬・有機栽培の田んぼの土壌はすがすがしい浄菌状態になります。

石川県の25年産米放射能検査について  当農場の25年産米放射能検査結果検出なし

 

 土壌改良・悪臭除去、汚水浄化,農業や畜産、家庭菜園

EM1号は好気性と嫌気性の有用微生物 土壌処理用

EM散布

希釈して散布する。

  主な微生物は乳酸菌群、酵母菌、光合成細菌、発酵系の糸状菌、グラム陽性の放線菌群などの  有用微生物群を複合培養したもの。

健康や環境を改善する。悪臭の除去、汚水の浄化,農業や畜産、家庭菜園や家庭での利用など  幅広く使われています。

ー利用方法ー

1、EM有機ボカシ。
●EM1号+糖蜜+米ぬか+魚粕+油粕等+水で発酵したもの農業、畜産、果樹、園芸等肥料に使用

2、EM生ゴミ処理用ボカシ。
●EM1号+糖蜜+米ぬか+水 で発酵 したもの生ごみ発酵堆肥を作るときに使用

3、EM活水液
●EM1号+糖蜜+水で10倍にして発酵させたもの植物の生育促進、水質浄化など有用微生物の密度を高める

4、米のとぎ汁発酵液
米のとぎ汁+EM1号で発酵させたもの台所、風呂、トイレなどで使用

5、1.000倍液を散布する 
●土壌中の善玉菌(有用微生物)の密度を高め悪玉菌(有害微生物)の発生を抑える,病気が少なくなる。

6、有機物の発酵分解 
●EMボカシの施用、EMおよび活水液の散布により土壌中の有機物の発酵分解の促進、土壌の団粒化,保水力、肥料効果の向上に役立つ。

EM1号とサイオンEM1号の違い EM1号は工場的作り方で一定温度で培養(EM研究所)、
サイオンEMは酒つくりのように沖縄の自然環境の温度で培養(サン興産業) 

ページのトップへページの先頭へ

病気を治すのは、医者や薬品ではありません。自己免疫力です。”免疫力アップには毎日食べる無農薬や有機栽培のおこめです!!

 肥料用ぼかしの(Ⅱ)型作りかた 

用意する材料
●米ぬか 容積比 100     例 100L
●油粕   容積比  25~50      25L
●魚かす 容積比  25~50       25L

EMぼかしⅡ型作りの材料
EMW
EMW
EM1号
EM1号
糖蜜
糖蜜
善玉菌のエサ
善玉菌のエサ
お米の衣、籾殻、畑の被覆、EMぼかしの資材にご利用下さい。
籾殻
米ぬか
米ぬか
EM発酵鶏糞
EM鶏糞
EMぼかしの材料、菜種油粕
菜種油粕
EMぼかしの材料、魚粕粉末(魚粉)
魚粉


米ぬか100に対して油粕+魚かすを50~100に混合する。
(鶏糞、豚糞、牛糞など周りにあるものでもよい)
●EM1号又はEMW  100倍希釈液       150cc
●糖蜜   100倍希釈液        150cc又は善玉菌のエサ30g
●水 (一晩汲EM希釈液み置いた水、又は井戸水か浄水器の水)15L

材料の乾燥状態や混合比率の割合により水分の量が違います。[150L]の材料に
[約15L前後]の水が必要です。
例の場合、15Lの水にEM菌と糖蜜を希釈し、100倍希釈液を作ります。

その他の材料に稲藁、籾殻、粉炭、ゼオライト、カニ殻等いろいろありますが安価で入手し易く
新鮮な有機物であれば、材料は限定されません。

   作りかた

(1) 米ぬか、油粕、魚かすなどの材料を良く混ぜ合わせます。
(2) 糖蜜を少量のお湯(約40~50℃)で溶かした後、水を加えて100倍の希釈液を作ります。
糖蜜は水では溶けにくく、必ずお湯を使いますが、お湯は水の使用料に含まれています。
(3) その液にEMを入れてEM・糖蜜の混合液の100倍の希釈液を作ります。
(4) その混合液を、(1)の良く混ぜ合わせた材料にジョロなどでかけながら、再度混ぜ合わせます。
その時の水分は30~40%にします。目安は混ぜ合わせた材料を握って、団子のようにならない
で、触ると壊れるぐらいの状態です。
(5) 出来上がったものを米袋などに入れ、更に黒ビニール袋に入れ、口をしっかり締めて二重にします。
(6) 発酵期間は夏場3~4日、冬場7~8日間で発酵します。

EMボカシの熟成

EMボカシはよい発酵の匂いがしたら基本的に出来上がりです。(仕込んでから3週間後)。
EMボカシは土作りに最適ですが、出来たばかりのEMボカシは発酵力が強く、作物の根に障害を与えてしまうこともあるので、施用してから植えつけるまでに2週間程度の時間をおく必要があります。
EMボカシは密閉容器内で半年ほど熟成させると、アミノ酸成分が増えて肥効も穏やかになり、根回りへの施用や育苗にも使用できるようになります。

ページのトップへページの先頭へ

一人一人の心がけが美しい地球を守ります。

身の回りにある漂白剤や合成洗剤。これらを使用すれば、しつこい油汚れやカビなどが簡単に落とせて便利です。
ところが、その洗浄力が人の皮脂まで奪い皮膚障害の原因となるばかりでなく、川や海の汚染を引き起こしています。
汚染物を浄化するパワーをもつ有用微生物群「EM菌」は、EM菌自体を下水に流すことで、川や海の浄化に役立ち、EM菌を利用することにより、一人ひとりのわずかな努力で汚れは減り、美しい自然がよみがえります。
毎日のお掃除やお洗濯、炊事などに、米のとぎ汁EM発酵液、EM希釈液を、ぜひご活用ください。

ページのトップへページの先頭へ

EM菌を増やして使う

■EM10倍活水(性)液の作り方■

用意するもの用意するもの、EM1号又はEMW200cc、糖蜜200cc、ジョウゴ、ペットボトル、水2L

●EM1号又はEMW200cc ●糖蜜 200cc又は善玉菌のエサ30g ●ジョウゴ ●ペットボトル ●水2L

 

作りかた
①ボールにEM1号200ccと糖蜜200cc、(糖蜜はお湯で溶かす)
水2L(糖蜜に使用したお湯の量を引く)を入れよくかき混ぜる。
②①をジョウゴを使ってペットボトルに入れます。
③しっかり密閉する。
④温かいところに置いて4から7日で出来上がり。

注1:EM活性液は1次活性で10倍までの活性液でお使い下さい。

注2:良質の水を使うこと、滅菌した糖蜜を使うなど、品質保持には十分ご注意下さい。
完成後の活性液のpHは4以下が基本です。
また、2回を超えてEM菌を培養した場合、微生物のバランスが崩れ、
効果が発揮できなくなりますのでお止め下さい。


■ 生ごみ処理用ぼかし(Ⅰ)型 ■

超簡単ボカシの作り方 用意するもの

●1500ccのペットボトル(清涼飲料水の空き瓶)
●米ぬか5~6Kg
●籾殻1Kg
●EM1号又はEMW15cc(大さじ1)
●糖蜜15cc(大さじ1)
●一晩汲み置いた水、又は井戸水か浄水器の水
●お湯100cc程度(50度ほどの温度)
●米の紙袋・計量スプーン大さじ・小さなボール(料理用)

用意するもの、1500ccのペットボトル、ヌカ、5~6kg、籾殻1kg、EM1号15cc、糖蜜、EM1号15cc、一晩汲み置いた水、又は井戸水か浄水器の水

作りかた

EMボカシのつくり方

1、糖蜜を溶かす。100cc程度のお湯をボールに入れ、糖蜜大さじ1を入れて溶かす。


2、1をペットボトルにいれ、水を8分目まで入れよく振る

3、糖蜜の入ったペットボトルにEM1号をスプーン大さじ1杯を入れる。 
水を一杯になるまで注ぐ。よく混ぜる。EM2号も入れると更に良い。
これでEM1号の100倍液が出来ました。

4、黒のビニール袋に、分量のヌカと籾殻を入れ、EM100倍液をヌカと籾殻に注ぎながら
良く混ぜる。
混ざったら米の袋に硬く押し込んで入れ硬く封をしてガムテープなどで密閉する。

今使った黒のビニール袋をかぶせ、冷暗所に置いておきます。

夏は3~4日冬は7~10日で発酵が完成します。

完成の目安は、甘酸っぱい美味しい香りがして白いカビが上の方に生えたりします。

発酵途中、ぼかしを入れた容器が40度以上になっていることがあります。

そのときはすぐに広げて干してください。

長期保存するには、広げて干してから保存してください。

EMぼかしの出来上がりです。

サイオンEMボランティアを使った活性液の作り方

EMボランティアと水を混合するだけで活性液が出来ます。
従来のように糖蜜を加えることはいりません。

10%活性液の作り方
本液100mlに水900mlを加え(良質の水を使うこと)ペットボトルにいれ発酵させる。

サイオンEMボライイティア1L

サイオンEMボランティア
販売価格  2.160円

■米のとぎ汁EM発酵液の作り方■有機JASマーク

ボウルにEMと糖蜜又は砂糖、米のとぎ汁うを入れ、よくかき混ぜる。

①ボウルにEMと糖蜜又は砂糖、米のとぎ汁を入れ、よくかき混ぜる  ↓

用意するもの、EM1号又はEMW20cc、米のとぎ汁2Lペットボトル、ジョウゴ、糖蜜又は砂糖20cc


用意するもの


●EM1号又はEMW200cc
●米のとぎ汁2L
●ペットボトル、ジョウゴ
●糖蜜又は砂糖200cc


②①をジョウゴを使ってペットボトルに
入れるジョウゴを使ってペットボトルに入れる
しっかりとふたを閉めて密閉する
③しっかりとふたを閉めて密閉状態にする  
色の濃い方がEM1と糖蜜で作った発酵液、色の白い方がEM1と砂糖で作った発酵液
④冷蔵庫の横などの温かい所に置いて4~7日で出来上がり

失敗しないポイント

1、EM、糖蜜、又は砂糖をちょっと多めに入れる。
2、とぎ汁、EM、糖蜜又は砂糖を良くかき混ぜる。
3、温かいところ(30~40℃)に置く。冬は風呂の湯につけておくとよい。
4、密閉はしっかりすること。
5、発酵が始まったら必ずガス抜きをすること。
6、前回作った米のとぎ汁発酵液(上手に出来たもの)を10分の1程度残しておき、その中に新しい米のとぎ汁と糖蜜又は砂糖とEMを加えて発酵させる。
この作業を繰り返すことによって菌の密度を上げることができる。

■EM10倍活水(性)液
米のとぎ汁EM発酵液の使い方■

 

農業、環境浄化や暮らしに役立ちます。
ー利用方法と効果ー
暮らしの中で活躍
●キッチンで
・食器洗いに・・・・つけ置き洗いします。ひどい汚れには、スポンジに原液をつけて
・まな板に・・・・ティッシュペーパーをかぶせ、原液を一面に垂らして一晩そのままつけ置き、翌日タワシでこすりましょ   
お部屋の中で
・畳や柱、壁などお部屋のいろいろのところに、EMW希釈液をスプレーします。汚れが落ちやすくなりお部屋の空気が清々しくなってきます。
・廊下やテーブル、窓枠、テレビの画面にもEMW100倍希釈液をふきかけ、雑巾がけしましょう。部屋中にEMWを吹きかけると、煙草のヤニも壁に付きにくくなります。
・灯油などを床にこぼしてしまった場合は、EMW100倍希釈液に砂糖か糖蜜を少量加えて、こぼした場所にスプレーします。少し置いてふき取るとにおいも汚れもきれいに落ちます。

お風呂場で
・浴槽のお湯には、EMW原液をキャップ2~3杯入れ、フタをしないで毎晩そのままにしておきます。浴槽の掃除が楽になり、浴室や脱衣場の壁にカビも付きにくくなります。
・洗面器や風呂の戸に付着した湯あかに、EMW希釈液を一噴き。汚れが落ちやすくなります。
・汚い雑巾やふきんも濃いめのEMW希釈液に一晩つけ置きしておくと、きれいになります。

おトイレで
・便器やおトイレの中にEMW100倍希釈液を一噴きしましょう。便器に汚れが付きにくくなり、悪臭も消えます。

洗濯に
・洗濯するときにキャップ一~二杯のEMWの原液を洗濯機の水槽に入れる。
・洗剤が少なくてすむ、洗濯物に静電気が発生しなくなる、
・洗剤などの皮膚に与える悪影響が軽減される。

もっと詳しくはEM-Wのページを参照

更にもっと詳しくは EMを家庭で使ってみましょうのページお掃除に・・・・

EMを活用した農業


微生物による土壌改良

・活水液を希釈して土壌に散布する。EMボカシと併用することでEM菌の働きを促進する。
・活水液を希釈してEMボカシ肥料を作る
・活水液を大量に生産して田畑の投入することで土壌を短期間で抗酸化状態に改良することで病害虫の発生を抑制する。
・品質の高い作物の増収が可能になる。

ページのトップへページの先頭へ

EM1号・サイオンEM1号

 土壌改良・悪臭除去、汚水浄化,農業や畜産、家庭菜園

EM1号は好気性と嫌気性の有用微生物 土壌処理用 主な微生物は乳酸菌群、酵母菌、光合成細菌、発酵系の糸状菌、グラム陽性の放線菌群などの  有用微生物群を複合培養したもの。 健康や環境を改善する。悪臭の除去、汚水の浄化,農業や畜産、家庭菜園や家庭での利用など  幅広く使われています。

ー利用方法ー
1、EM有機ボカシ。
●EM1号+糖蜜+米ぬか+魚粕+油粕等+水で発酵したもの農業、畜産、果樹、園芸等肥料に使用
2、EM生ゴミ処理用ボカシ。
●EM1号+糖蜜+米ぬか+水 で発酵 したもの生ごみ発酵堆肥を作るときに使用
3、EM活水液
●EM1号+糖蜜+水で10倍にして発酵させたもの植物の生育促進、水質浄化など有用微生物の密度を高める
4、米のとぎ汁発酵液
米のとぎ汁+EM1号で発酵させたもの台所、風呂、トイレなどで使用
5、1.000倍液を散布する
●土壌中の善玉菌(有用微生物)の密度を高め悪玉菌(有害微生物)の発生を抑える,病気が少なくなる。
6、有機物の発酵分解
●EMボカシの施用、EMおよび活水液の散布により土壌中の有機物の発酵分解の促進、土壌の団粒化,保水力、肥料効果の向上に役立つ。
EM1号とサイオンEM1号の違い
EM1号は工場的作り方で一定温度で培養(EM研究所)、 サイオンEMは酒つくりのように沖縄の自然環境の温度で培養(有)サン興産業)

EM1号500ml

EM1号500ml

販売価格1,130円

サイオンEM1号500ml
サイオンEM1号500ml
販売価格 1,130円
天日干し有機栽培米もち白米

EM1号1L

販売価格 2,160円

EM1号1L
3本セット

販売価格 6,300円

サイオンEM1号500ml EM1号1L
5本セット

販売価格 10,800円

サイオンEM1号500ml
サイオンEM1号1L

販売価格 2,160円

EM1号

EM1号10L

販売価格 19,999円

サイオンEM10L

サイオンEM1号10L

販売価格 18,600円

EM1号500ml、糖蜜500mlセット

販売価格1,550円

EM1号1L、糖蜜1LセットEM1号1L、糖蜜1Lセット

販売価格2.850円

EM1号1L、糖蜜1Lセット

販売価格8.150円

サイオンスーパーEM
サイオンスーパーEM1L

販売価格 2,160円

EM2号・サイオンEM2号

好気性と嫌気性の有用微生物、乳酸菌、酵母、発酵系の糸状菌、グラム陽性の放線菌、光合成細菌など微生物が培養中につくりだした活性物質の集合体です。
植物体や有用な微生物の生育や増殖のために補助的な役割を果たしますEM2号を植物体や土壌に散布続けることによって丈夫な植物体と有用な微生物群が住み着く環境づくりに貢献します。

ー利用方法ー
浄菌力を活かして
●1000倍液の葉面散布
、植物体表面の微生物相を有用な微生物相に誘導し、細胞を強固にして病原菌の侵入を抑制します。農業、果樹、園芸等肥料に使用

●500倍液の土壌処理
発酵系の糸状菌やグラム陽性の放線菌の増殖を促進し土壌病害を抑制します。

EM2号とサイオンEM2号の違い
EM2号は工場的作り方で一定温度で培養、サイオンEM2号は酒つくりのように沖縄の自然環境の温度で培養

ー効果ー 

植物の生育を健全に保つ 植物の生育を健全に保つ 病気に強い、抵抗力の増大 病気に強い、抵抗力の増大 土の団粒化 土壌の団粒化の促進 連作障害の防止 連作障害の防止 肥料効果の向上 肥料効率の向上、肥料の節約 発芽、開花、結実、登熟の促進 発芽、開花、結実、登熟の促進 農薬の使用量が減少 農薬の使用量が減少 窒素固定菌を助け地力の向上 窒素固定菌を助け地力の向上

EM2号
サイオンEM2号500mL
販売価格1.130円
EM2号

サイオンEM2号1L

販売価格2.160円
EM2号1L
EM2号1L

販売価格2.160円

サイオンEM2号10L

サイオンEM2号10L


販売価格18.600円

EM2号10L

EM2号10L


販売価格19.999円

サイオンEMボランティア
サイオンEMボライイティア1L
販売価格2,160円

EM3号・サイオンEM3号

光合成細菌の生菌と生菌がつくりだした種々の活性物質で構成されています。
EM3号に含まれる主な微生物は、紅色非硫黄細菌 および 紅色硫黄細菌、3属5種の光合成細菌が含まれています。
EMの中心的な役割を果たす光合成細菌はEMの効果を引き出す為の有用微生物群です。
光合成細菌は太古の地球に最初に出現した古細菌です。その頃の地球の大気には硫化水素、アンモニア、メタンなそが充満していて酸素や生命体の存在はありませんでした。
このような環境下に出現した光合成細菌からはシアノバクテリアた藍色細菌などの真正細菌や藍藻が生まれ、現在のような酸素が豊富動植物が住める地球環境に変えてくれました。
このように自然界に隠れている光合成細菌を上手く使用した場合、他の細菌に比べ物にならないほどの絶大な効果が期待できます。

サイオンEM3号500ml
サイオンEM3号500mL
販売価格1.130円
EM3号1L
EM3号1L

販売価格2.160円

サイオンEM3号1L

サイオンEM3号1L

販売価格2.160円
EM3号10L

EM3号10L


販売価格19.999円
EM3号10L

EM3号10L


販売価格19.999円
サイオンEM3号10L

サイオンEM3号10L

販売価格18.600円
糖蜜500ml

糖蜜 500ml

販売価格  440円

糖蜜
	  1L

糖蜜 1L

販売価格  695円

辻本さんの有機米コシヒカリ精米用玄米5kg

糖蜜 2L

販売価格  1,325円

糖蜜18L缶入り内容量 22kg

糖蜜18L缶入り
内容量 22kg

販売価格  5.995円

天日干し有機栽培もち玄米

ネオモラセスト
(高品質糖蜜)2L

販売価格 970円

EMぼかし作りに 糖蜜の代替品善玉菌のエサ

善玉菌のエサは糖蜜の代替品として登場しました。EMが活性化しやすい栄養分をバランスよく配合し、糖蜜よりも手軽に活性液を作ることができます。

1、色が薄くて使いやすい

●完成した活性液の色が薄いので色が付きにくく、家庭内の掃除や消臭に使用可能。

2、溶けやすい

●粉状なので、水に溶けやすい。 ●糖蜜のような液だれなし! ●冬場でもラクラク溶ける。

3、抜群の発酵力

●EMが好む成分をバランスよく配合。 ●EMがよく増えるので、常温でもよく発酵!

善玉菌のえさを使ったEM活性液の作り方

◇用意するもの(2L分)

・EM1号30cc(大さじ2杯) ・善玉菌のエサ:30g(付属のスプーン2杯又は大さじ4杯)・水:約2L
・きれいに洗った2Lのペットボトル:1本・ジョウゴ、ボウル

◇作り方

1)ペットボトルの中に2/3くらいまで水を入れておく。2)善玉菌のエサとEM1号を入れる。 3)ペットボトルの肩の位置までお湯を注いでよく振る。
※善玉菌のエサは水温が25℃でもうまく発酵しますが、38~40℃の水温の方がより失敗が少ないです。

4)しっかりフタをして、暖かい場所に置く。

善玉菌のエサ小袋 150g(10L用)
メール便1個 (送料無料)

販売価格 790円

善玉菌のエサ小袋 150g(10L用)
メール便2個
(送料無料)

販売価格 1,330円

善玉菌のエサ小袋 150g(10L用)
メール便3個
(送料無料)

販売価格 1,870円

善玉菌のエサ小袋 150g(10L用)
メール便4個
(送料無料)

販売価格 2,540円

善玉菌のエサ小袋
150g(10L用)
宅配便1個
(送料別)

販売価格 540円

善玉菌のエサ中袋 750g(50L用)
宅配便1個
(送料別)

販売価格 1,620円

善玉菌のエサお徳用 3kg(200L用)1個 (送料別)

販売価格 5,400円

EM1号500ml1本
と善玉菌のエサ中袋(750g)セット販売

販売価格 2,050円

 
 
グリーンキープマン

グリーンキープマン500ml

販売価格 2,570円

===============
グリーンキープマン

グリーンキープマン1L

販売価格 4,625円

===============

グリーンキープマン・緑の番人!和漢の植物抽出液が植物に活力を与えます。

使用方法:

500~1000倍の希釈液にしてハンドスプレ又は噴霧器で霧状にして全体に散布する。
混入する前に容器ごと振ってから取り出して希釈して下さい。
植物に散布するには、朝、夕が最適です。 
発生が予測される時、植物が弱って病害虫が出るなどのときに植物に活性を与え病害虫の発生を防ぎます。
サイオンEM2号、3号を同時に混合すると尚効果的です。

注意事項 ※幼児の手の届かないところに置いて下さい。直接目や口に入れないで下さい。
もし、入った場合は医師にご相談下さい。
※取り扱いは素手でも大丈夫ですが、過敏の方はマスク、手袋を使用して下さい。
※直射日光の当たらない冷暗所に保管して下さい。


効用
青虫、よとう虫、アブラムシ、ハモグリバエ、茶ホコリダニ、コナジラミ、ダニ、カメムシ等が発生して植物が弱った時にお試し下さい。

EM7(セブン)80ml

EM7(セブン)80ml

販売価格 1,295円

===============
EM7(セブン)80ml

EM7(セブン)500ml

販売価格 6,480円

===============

EM-7(seven)植物活力材 有機JAS適合資材

EM7は各種EMシリーズのノウハウを元に、植物発酵抽出やセラミックスを組み合わせて植物活力材として作り上げた新しいEMです。

主成分は各種有用微生物培養生成物、植物抽出物、セラミックス、ミネラルです。

主成分 各種有用微生物、植物抽出物、セラミックス、ミネラル

EM 7の特徴とミネラルについて

ミネラルは微量要素で、リン(燐酸)、カリ(カリウム)、カルシウム(石灰)、マグネシウム(苦土)
鉄、マンガン、ホウ素、亜鉛、銅などです。

本来土壌には、植物が育つために必要なミネラルは、十分に育つだけの量が存在しています。
ただし、植物は、土壌中にあるミネラルは有機酸とくっついた状態でしか吸収することが出来ません。そのため、ボカシやEM活性液を施用すると、中に含まれている有機酸が土壌中のミネラルと結合して吸収されやすいかたちになります。

EM 7には、すぐに有機酸やアミノ酸とミネラルが結合して吸収されやすい形で入ってきます。
EM 7のミネラル成分は、どちらかというと繊維作りに働きかけをするようなミネラルが入っています。そのため、EM 7を苗の時期に施用すると、節間の詰まったしっかりとした苗が出来るのです。

EM 7を使った優良事例

EM 7を使った効果はさいろいろありますが
虫害にあって収穫が出来ないような白菜にEM 7を散布したところ、収穫可能なまでに回復した。
今までにレース状になるまで食べられた白菜が回復する例はありませんでしたが、EM 7によって吸収されやすいミネラル成分を補給することで繊維作りを促進し、バランスのよい生育が促進されるのではないかと考えられます。

又、台風の雨風と塩害でやられた大根にEM 7の100倍希釈液とEM活性液を葉面散布したところ、8割が被害から回復した。

又、果樹にEM 7を使った農家から、以前より傷のある果実や、商品として出荷できない果実が減ったとの報告がある。


基本的な使い方

育苗期:果菜類は1000倍希釈液、葉菜類は2~3000倍希釈液を潅水代わりに散布します。

定植後:定植直後は2~3日置きにこまめにEM7の5000~10000倍希釈液を散布し、その後徐々に散布間隔を広げ、1~2週間に1回割合で散布を続けます。

ポイント1:植物の持つ抗酸化機能を高めるように、最初はこまめに散布し、その後、高めた状態を維持するように徐々に散布間隔を広げていくのがポイントです。

ポイント2:病害虫の発生が予測される時、生育中に病害虫が出るなど植物の抗酸化力が落ちていると思われる場合は、植物のもつ抗酸化力を引き出すように3日ほど連続して散布し、その後、徐々に散布間隔を広げるのがポイントです。

 

EM 7の使い方のポイント

ミネラルは、植物にとって微量ですが、非常に重要なものです。しかし、過剰に施用してもバランスを崩してしまうこともあります。そのため、EM 7の濃度は、薄め(5.000~10.000倍)に使い、作物の様子を見ながら、施用回数で調節することをお勧めします。特に弱っているときは、集中的に使い、(毎日、2日おき)植物の状態を見ながら、徐々に間隔を空けて施用するとうまくいきます。

EM7は植物の活力をアップさせます。無農薬栽培に最適!!有機JAS適合品

植物の活力をアップさせるEMセブン
植物の活力をアップさせるEMセブン
植物の活力をアップさせるEMセブン


EM7は厳選された植物エキス、EMセラミックス、ミネラルをEM技術で統合させ、強い抗酸化力を有した新しいタイプの植物活力材です。
EM7とミネラルEM7

ミネラルは微量要素で、りん(燐酸)、カリ(カリウム)、カルシウム(石灰)、マグネシウム(苦土)、鉄、マンガン、ホウ素、亜鉛、銅といったものです。

本来土壌には、植物が育つために必要なミネラルは、十分に育つだけの量が存在しています。ただし、植物は、土壌中にあるミネラルは有機酸とくっついた状態でしか、吸収することが出来ません。(図1)。そのため、ボカシやEM活性液を施用すると、中に含まれている有機酸が土壌中のミネラルと結合し吸収されやすい形になります。EM7には、すぐに有機酸やアミノ酸とミネラルが結合して吸収されやすい形で入っています。

EM7

植物の身体は、繊維と細胞から出来ていますが、細胞を肉と考えると繊維は、骨になります。(図2)。

EM7

ミネラル成分は、植物成分の体を作る際に、細胞作り、繊維作りの両方に働きかけるようなミネラルが入っています。そのため、EM7を苗の時期に施用すると、節間の詰まったしっかりとした苗が出来るのです


EM7を使った優良事例

右の写真のような虫害にあった白菜にEM7を施用したところ、右の写真の様に結球し、収穫できました。レース状になった白菜で、この状態から、もう一度回復するのは普通難しいのですが、そのような場合においても、EM7によって吸収されやすいミネラル成分を補給してあげることで、繊維つくりを促進し、バランスの良い生育へ方向転換されているのではないかと考えています。他には、台風の雨風と塩害でやられてしまった大根にEM7の100倍希釈液とEM活性液を耀面散布したところ、8割が被害から回復したという事例があります。果樹にEM7を使った農家からは、以前よりも傷のある果実や、商品として出せない果実が減った、落下が減ったといった報告もありま、リピーターが増えています。

EM7

EM7の使い方のポイント

ミネラルは、植物にとって微量ですが、非常に重要なものです。しかし、過剰に施用してしまうとバランスを崩してしまうこともあります。そのため、EM7の濃度は、薄め(5.000~10.000培)に使い、作物の様子を見ながら、施用回数で調節することをおすすめします。特に弱っている時は、集中的に使い(毎日、2日おき)植物の状態を見ながら、徐々に間隔を空けて施用するとうまくいきます。EM7の効果を体験してみて下さい。

 
EM散布の友

EM散布の友500ml

■販売価格 1.080円

■EM散布の友■ 植物活力補助材 有機JAS適合品

EMを作物にしっかり定着させます!

主成分:

しょう油のカリ石鹸

EM散布の友の製造に使用しているしょう油は、有機JASのしょう油を製造する過程で発生する油です。化学合成物質などは一切使用していません。

用途及び効果

EM散布の友をEM散布時に併用することで、葉面散布や土壌の微生物の餌となり、活性化させ、植物の健全育成を促します。

EMの密度がまだ高くない畑や樹勢が落ちている農作物で、病虫害の発生が予測される場合、EM散布に本品を併用すると効果的です。

対象作物

葉菜類、果菜類、果樹類、お茶、花卉類など

EM散布の友お徳用

■販売価格 15.120円

使い方:

EM散布の友を300~500倍に希釈し、使用します。

EM散布の友茶葉面散布微生物の変化
EM散布の友茶葉面散布微生物の変化  
グラフは、お茶の葉に、各種液体を散布後、葉の表面を滅菌水で 洗った洗浄液1mlの菌数の変化を示す。(室内25℃で保存) 写真は2日後の状態。 EM散布の友10Lの希釈液を散布する場合
天然ストチュウ500ml

天然ストチュウ500ml

販売価格1.620円

天然ストチュウ

天然ストチュウは、醸造アルコール、醸造酢、ニンニク、唐辛子を乳酸菌、酵母、光合成細菌と糖蜜を加えて発酵させた葉面散布用の農業資材です。
特徴:天然材料をエサとして増殖・活性した有用微生物の働きにより生成された各種有機酸を多く含んでいますので、植物の生育を補助します。
使用方法:500~1000培に水で薄めて、植物に散布します。
1000倍くらいにくみ置きの水で希釈し、植物の葉の裏表にまんべんなく散布する。
効果が出ない場合、徐々に濃度を上げて500倍程度まで濃度を上げます。
使用原料:水、醸造アルコール、醸造酢、にんにく、唐辛子、糖蜜、乳酸菌、酵母、光合成細菌

効果
病害虫発生の予防
葉の保護膜のクチクラ層を強化し、病原菌の進入を防いだり、エステルの成分が草食害虫の体内では分解されず、生理障害を起こし死滅させる。
EMストチュウを使用する時の注意
35℃以上の液には混ぜないこと。
出来上がり後約6ヶ月(エステル臭がなくなれば効果がなくなる)保管場所は温度変化の少ない冷暗所(冷蔵庫ではだめ)
農薬と違い即効性がないので虫や病気が大発生してからの効き目は期待できません。
早めにまめな散布で予防に心がけましょう。

こんな使い方も

たらいのような容器にポット苗を並べ容器にストチュウ(1000倍希釈液)を深さ3~4cm位まで注ぎポットの底から吸わせます。苗床の場合はストチュウ水をジョーロで前日の夕方たっぷり苗にあげておきます。

ストチュウは微量なミネラルやビタミン、アルコールが含まれているため、苗の活力が高まり、定植後の活着が大変良くなります。

100g 150円

1kg 1.200円

■EM 活性液用展着剤 ■害虫回避に効果

家庭菜園から専業農家まで

害虫の発生回避に効果が抜群に期待できます。

1、主成分 大豆油 99.9%

EM活性液を200~600倍に希釈し、全体量の0.2%の展着剤を加えてよく溶かし全面散布(噴霧)
お茶やみかんのように肉厚の葉には0.3%
0.3%以上に濃度を濃くすると白い斑点が残ることがあります。
週に1~2回の散布を繰り返す。
適用対象
葉菜類、果菜類、果樹類、お茶、樹木、花卉類、ほとんどの植物のほとんどの害虫駆除が期待できます。(稲は除く)

営業時間:AM 9:00~PM 6:30 定休日:毎週日曜祝日
〒923-1116 石川県能美市小長野町チ40番地


ご質問受付 TEL 0761-57-2098

電話でご注文は0120-77-2098
電話番号にタッチすると電話が繋がります。
FAX:0761-57-2198 生産:金沢加賀百万石ほんだ農場 販売・有限会社 ほんだ 代表 本多宗勝
TOPページへ        ページトップへ

 
  商品案内
  ;
TOP
 
ほんだ農場の商品のご案内
 
 
メールで問い合わせできます