金沢加賀百万石ほんだ農場のホームページ

23年間の有機栽培で究極の安全性を求めて栽培した有機栽培米コシヒカリ「水の精」

放射能検査の結果 検出なし(詳細はClick)

30年産米定期購入受付

お米の定期購入  
注文フォームに飛ぶ  
-

免疫力の高い
無農薬栽培よりすごいJAS有機栽培米コシヒカリ

JASマーク



無農薬栽培米って?


有機栽培米の生産を始めて23年のほんだ農場の場長がEM農法とJAS有機栽培米について説明します。

・無農薬栽培米は作っている農家さんが無農薬栽培かそうでないかを決めます。

農家さんに栽培方法を聞きましょう。

・無農薬栽培米は農家さんとお客さんの信頼関係で成り立っています。

農家さんによっては、昨年まで農薬や化学肥料を使用していたが今年から農薬の使用をやめたので無農薬栽培米と表示した。

また、殺菌、殺虫剤を散布していなくても除草剤を使っていて、無農薬栽培米と表示している農家さんもいます。


JAS有機栽培とは

・有機栽培米は農林水産省に認証登録した認証機関(当農場では(公財)自然農法センター)に有機栽培米生産農地を登録し日々の栽培記録を付けそれを認証機関が確認します。

・3年以上農薬、化学肥料などの化学合成資材を使用していないことが確認されて有機栽培米と認められます。(当農場の有機栽培米「水の精」は23年間化学合成資材を使用しない田んぼから収穫されたお米です。)

・お隣が慣行農法米生産の農地の場合、そのたんぼから農薬が飛散してこないか、農薬が混入した水が用水から流れ込まないかなど有機栽培米に適した栽培方法で栽培しているかを毎年調査しています。

そのように調査して認められた田んぼで収穫された有機米農産物が有機栽培米農産物として認められてJASのマークを添付して販売することが出来ます。

「水の精」は1996年より23年間農薬、化学肥料を全く使用しないで 有機栽培で育てた田んぼのお米をコンバインという収穫機械で刈取後、乾燥機で約40℃の熱風で乾燥しました。

このように収穫されたお米を籾摺り、等級検査をした後、農林水産省の機認証登録団体である自然農法センターがJAS有機米であることを調査、確認し、認定した無農薬栽培米よりすごいJAS認定有機栽培米コシヒカリです。

■当農場ではEM農法という有用微生物を利用して土壌を浄菌発酵土壌に改良して有機栽培で栽培しています。

「水の精」白米と慣行農法(通常の農薬、化学肥料を使用した農法)の白米を比較実験しました。

コップに白米と水(井戸水または一晩汲み置いた水道水)を入れかき混ぜてラップで蓋をした簡単な実験です。

EM農法栽培米は左

慣行農法栽培米(農薬、化学肥料使用での通常の栽培米)は右、数週間経過後(冬季は一からニヶ月)こんな結果が出ました。左は甘い甘酒のような発酵の香り、右はカビが生えて臭い匂いがします。貴方はカビの生えるこのようなお米をどう思いますか!!
EN農法と観光農法のお米実験
EN農法と観光農法のお米実験

玄米食で健康家族

玄米には表皮と胚芽で人体に有用な成分、炭水化物、ビタミン、 ミネラルそして肌を美しくするセラミドがしっかり含まれています。
更に食物繊維もたくさん含んでいます。

玄米健康法など多くの学者がその有用性を証明しています。

病気を治すのは、医者や薬品ではありません。

自己免疫力です。

免疫力アップには毎日食べる無農薬や有機栽培の玄米です!!


ページのトップへこのぺージのトップへ

玄米の効用はこんなにある

玄米の米ぬかに含まれる栄養成分は、体にさまざまな好影響をおよぼします。

米ぬか部分の成分


フィチン酸

抗がん作用・抗腫瘍作用、尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成抑制の効果などがあるとされています。

イノシトール

脂肪肝や高脂血症、セロトニン異常に起因するうつ病、パニック障害、強迫神経症に有効とされた。 研究結果もあります。

フェルラ酸

米糠に特有である。紫外線吸収、酸化防止機能があるとされ、食品や化粧品に用いられる。

γ-オリザノール

米糠に特有であるコレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用がある として医薬品として用いられている。また、紫外線防止として化粧品に用いられている。

そのほかに食物繊維 ,ビタミンB1,ビタミンB6, ビタミンE , ミネラル, 鉄,マグネシウム,マンガンなど有用な成分がたくさん含まれています。

健康に良いはずの玄米食の落とし穴

米ヌカは玄米の部分では最も残留農薬の蓄積される箇所として証明されています。
慣行農法(農薬、化学肥料を多用して栽培している通常の栽培)の玄米を食べ続けると
健康に良いと思っていたつもりが玄米に含まれている農薬を食べていることになり
病気を誘発することになります。

有機栽培玄米・オーガニック栽培玄米とは 玄米食の食べ方

玄米食には体に良い栄養素や効果がある反面、 体調の優れない人、療養中の人、胃腸の弱い人、幼い子供などでは、 玄米を食べるときに注意が必要と元・東京大学医学部口腔外科教室講師 西原克成医博が語っています。

種に備わっている因子が、ミトコンドリアの活動を低下させる「アブシジン酸」や「フィチン酸」で、アブシジン酸 (ABA)は植物ホルモンの発芽抑制因子であり植物の発芽を調節しています。

玄米などの植物の種子には、土の上に落ちても腐ることなく、やがて発芽に適した季節になると芽を出すことが 出来るように、栄養成分を貯蔵して決して外に出さないというメカニズムが働いています。

その因子がアブシジン酸やフィチン酸です。
アブシジン酸(ABA)は植物ホルモンで、発芽抑制因子として働き、植物の発芽を調節しています。

このABAは人体に対して毒作用がありますので、玄米など種ものを食べるとき、これを無毒化して
食べることと西原克成医博が語っています。(異論もあるようです)

フィチン酸は毒素を排出すると同時に鉄やカルシウムなどのミネラルを吸着して排出してしまうので食べ方や人によってはミネラル不足になることがある。

(これは人による実験で結果は出なかったようです、フィチンはとても有効な成分と評価されています)

発芽を抑制するアブシジン酸がお腹を壊す、ミトコンドリアを攻撃する(ヒト由来顆粒球を使ったシャーレ上の実験のみ)などで有害、有毒、危険だと書かれています。どれも「玄米」ではなく、玄米に含まれるたった一つの成分に対しての考察です。

国の機関にも有害である情報がないようです。
このようなことを念頭に置いて玄米食をされることをお勧めします。

アブシジン酸、フィチン酸は危険なの?CLICK

有機栽培・オーガニック栽培とは 発芽毒を解除する方法

(詳しくはCLICK)

1、炊飯する前に十分に浸水する

2、炒る

ページのトップへこのぺージのトップへ

以下は有機栽培米コシヒカリ「水の精」が収穫されるまで

肥料はEM菌で発酵させた有機発酵ぼかし肥料を中心に栽培しています。

除草は除草機や手取りで除草していましたが雑草が多くなり途中からアイガモを利用したアイガモ農法で栽培していました。(アイガモ農法についてはこちらを参考にCLICK)
近年世界のいたるところで鳥インフルエンザが発生して世間を騒がせていることからアイガモの導入を控え紙マルチによる除草に切り替え栽培を行っています。

有機栽培米コシヒカリ「水の精」の肥料は 1993年より有用微生物を利用した発酵肥料で農薬や化学肥料を全く使用しない農薬不使用のJAS 有機栽培米の生産に取り組んでいます。

その中で23年間有機栽培で栽培した有機栽培米を「水の精」として販売しています。

3年以上無農薬・無化学肥料で育てて有機JAS認定機関よりJAS有機栽培の 有機米であることが認められるとJASマークを貼付して安全、安心の有機米として販売ができます。

有機栽培米「水の精」はEM農法有機栽培の微生物農法で23年以上経過したたんぼで栽培した有機、無農薬米です。

長年有機栽培で育てたお米「水の精」を食べて元気で長生しましょう。

30年産有機栽培米「水の精」の新米を発売しました!
EM発酵有機肥料で土作り、無農薬で化学肥料は全く使用しないJAS認定の 有機栽培のお米です。
安心しておお召し上がりいただけます!

お米の精米(白米)は精米すると急激に鮮度が落ちますのでできる限り注文を頂いてから精米などの準備をすることにしています。
発送まで4,5日猶予を御願いします。
急なご注文は対応出来ない場合がございますがお急ぎの方はとりあえずコメント欄にお書きください。

長期間有用微生物(EM菌)の無農薬・有機栽培で田んぼの土壌は 発酵菌がいっぱい、すがすがしい浄菌状態です。

有機物を肥料として施しますと腐敗して臭いにおいがしますが有用微生物を施用することで臭いにおいもなく発酵に至ります。

■EM農法有機栽培で栽培したお米の白米と慣行農法(通常の農薬、 化学肥料を使用した農法)のお米とを比較実験した結果は上記の画像を見てください。

ページのトップへこのぺージのトップへ

田植えから収穫調整まで画像でご案内  お米の成長

北陸の冬の田んぼ風景北陸の冬、田んぼは真っ白の 雪の中、雪の下で有用微生物 EM菌は働いています。 稲がなくても雪の下で土作りが 行われています。
雪解け後、田んぼを耕しました春になると雪も解けてEM菌(微生物)農法による無農薬の土壌では有用微生物が活発に活動を始めます。 田んぼを耕して微生物の活動を促し、健全な稲が育つ環境を作ります。
霊峰白山の清流を取り入れて代掻き中

霊峰白山の頂きから流れ出る清流を手取り川から取り入れて、無農薬・有機米の田んぼの土と有用微生物と清流をかき混ぜとろとろ状に整地します。

均平に整地しないと水田に浅い所と深いところが出来、無農薬、有機栽培の田植え後に稲苗が沈む個所と水が当たらない箇所が出来ます。

鏡のようにきれいに代掻きが出来上がり田植えを待っています。
鏡のようにきれいに代掻きが出来上がり田植えを待っています。鏡のようにきれいに代掻きが出来上がり田植えを待っています。 農業用語で「代掻き」といいます。 水の下の土壌は空気が希薄になって嫌気性の有用微生物(EM)が活発に活動を します。無農薬、有機栽培の田んぼでは除草剤を散布しませんので、水が浅いと雑草が繁茂します。深いところは雑草は生えませんが、稲も消えてしまいます。
育苗
 育苗管理: JAS有機栽培米 種籾はJAまたは自家採取のものをしようしています。 種子消毒:温湯消毒(60℃のお湯に10分程浸ける)
播種:無農薬有機栽培用ぼかし肥料の床土に播種、育苗:ハウス、または露地でプール育苗、EM活性液、EMボカシEMぼかし肥料浸出液を数回散布します。化学肥料を使用できないので肥え切れに注意が必要です。
田植え:
無農薬の栽培は雑草との戦いです。
田植えは雑草の繁茂を抑制するため、紙を敷きながら田植えをします。
慣行の田植えより遅めにするのが通例です。
無農薬、有機栽培の田植え後2~3週間で紙マルチのおかげで雑草にも負けずに稲が生育してきました。
無農薬、有機栽培の田植え後2~3週間で紙マルチのおかげで雑草にも負けずに稲が生育してきました。これから、敷いた紙が溶け始め雑草が地表に顔をで出してきます。
1か月ほど経過すると雑草が繁茂してきます。
1か月ほど経過すると雑草が繁茂してきます。これからが無農薬、有機栽培の正念場です。雑草が生えると収量に大きく影響します。気温の暑いときで大変きつい作業ですが除草機で雑草の除去を行います。機械で取り残し分は手で取り除きます。
7月下旬から8月に入ると有機栽培の稲も雑草に負けずに成長して穂を出し始めます。
7月下旬から8月に入ると有機栽培の稲も雑草に負けずに成長して穂を出し始めます。
無農薬、有機栽培の穂も実って垂れて来ました。
無農薬、有機栽培の穂も実って垂れて来ました。無農薬、有機栽培の稲も雑草にも負けずに実って色づいてきました。
大きく稲穂が実りました。大きく稲穂が実りました。

ページのトップへこのぺージのトップへ

-

収納したお米はもみ殻を取り除くため、籾摺り機でもみすり作業をします。更に下図のような色彩選別機(サタケ製作所)で不良品を取り除きます。
色彩選別機の光とカメラでの選別部分色彩選別機の光とカメラでの選別部分
色彩選別機でのぞかれる不良品色彩選別機でのぞかれる不良品
色彩選別機の本体(サタケ製作所製)色彩選別機の本体(サタケ製作所製)
Placeholder image 
初めてのお客様に初回限りのお試し版を別ページでご用意しています。CLICKしてお進みください。 お試し版のページへ
ご注文いただく際にご確認ください。

1、白米:通常の白度で精米しています。
2、5部搗き米:白米と玄米の中間くらいの白度で精米しています。
3、食用玄米:脱穀、調製して等級検査を受けたものを更に玄米食としてそのまま食用できるように調製しています。
4、精米用玄米:収穫した籾を籾摺り機で籾殻を取り除いて、更に、米選機で未熟米、小粒米等を取り除き、お米の充実度・粒揃い・水分・被害粒や異物の混入割合等 の規格検査を受けたものです。規格検査米についてはいかに記載していますので参考にしてください。
・規格検査米:お米の検査:農産物検査法第3条に基づいて、米穀の生産者がその生産した米穀について品位等検査を受けるものです。
品位等検査には、農産物の種類及び銘柄、量目、荷造り及び包装並びに品位が含まれます。
品位は、1等級・2等級・3等級・規格外の区別があります。
平成18年度より、国(農林水産省)から農林水産大臣の登録を受けた民間の検査機関が全面的に検査を実施することへと変更されました。
・玄米及び精米品質表示基準 ・名称(玄米、精米、もち精米等)
原料玄米(農産物検査法による検査の証明を受けた証明米は、産地、品種、産年、使用割合を表示して販売することができる。証明のない場合、未検査米等となる。)
内容量(質量) 精米年月日(玄米の場合は調製年月日) 販売者(氏名または名称、住所、電話番号)
等級別品位基準、水稲うるち玄米の場合


等級; 整粒歩合 含有水分 被害流、死米、着色粒、異種穀粒および異物混入
70%以上 15%以上 15%以下1等米でも15%以下の被害粒、死米、着色粒、異種穀粒及び異物が混入している可能性があります。
60%以上 15%以上 20%以下2等米では20~15%%の被害粒、死米、着色粒、異種穀粒及び異物が混入しています。
45%以上 15%以上 30%以下3等米では30~20%%の被害粒、死米、着色粒、異種穀粒及び異物が混入しています。
等級検査をしたままの米です。食用玄米としての調製前の状態です。
精米する時は石抜き機などのついている精米機で精米される事をお勧めします。

ページのトップへこのぺージのトップへ

EM農法有機栽培米「水の精」食用玄米1,5kg
1.5Kg食用玄米
1.5Kg 2,000円(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」1.5kg食用玄米 ====================

EM農法有機栽培米コシヒカリ「水の精」白米1,5kg
1.5Kg白米
1.5Kg 2,000円(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」1.5kg白米
====================

EM農法有機米コシヒカリ「水の精」食用玄米2kg
2kg食用玄米
2Kg 2.500円 (送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」2kg食用玄米
====================

有機栽培米コシヒカリ「水の精」白米2kg
2kg白米
2Kg 2,500円 (送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」2kg白米
===================

有機栽培米食用玄米「水の精」5kg
5kg食用玄米
5kg 4.800円(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」5kg食用玄米
====================

EM農法有機栽培米コシヒカリ白米5kg
5kg白米
5kg 4,800(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」5kg白米
====================

EM農法有機米コシヒカリ10kg食用玄米
10kg(5kgX2)食用玄米
10kg 9,200円(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」10kg食用玄米
====================

EM農法有機栽培米コシヒカリ白米10kg
10kg(5kgX2)白米
10kg 9,200円(送料別)

EM農法有機栽培米「水の精」10kg白米
====================

有機栽培米食用玄米「水の精」15kg
15kg食用玄米
15kg 13,600円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」15kg食用玄米
====================


15kg白米
15kg 13,600円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」15kg白米
====================

有機栽培米食用玄米20kg「水の精」
20kg食用玄米
20kg 18,100円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」20kg食用玄米
====================

有機栽培米白米20kg「水の精
20kg白米
20kg 18,100円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」20kg白米
====================

有機栽培米食用玄米「水の精」
30kg食用玄米
30kg 27,100円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」 30kg食用玄米
====================

有機栽培米白米30kg「水の精」
30kg白米
30kg 27,100円(送料無料)

EM農法有機栽培米「水の精」 30kg白米
====================

送料について

電話で注文 0120-77-2098


年間契約申し込み

ページのトップへこのぺージのトップへ

-

営業時間:AM 9:00~PM 6:30 定休日:毎週日曜祝日
〒923-1116 石川県能美市小長野町チ40番地
ご質問受付 TEL 0761-57-2098 ご注文は 0120-77-2098
電話番号にタッチすると電話が繋がります。
FAX:0761-57-2198 生産:金沢加賀百万石ほんだ農場 販売・有限会社 ほんだ 代表 本多宗勝
TOPページへ     ページトップへ

 
TOP
 
ほんだ農場の商品のご案内
 
メールで問い合わせできます